コメントする

少し前までは不動産売却はすごく大変でした。

私は結婚を機に実家を出て、遠方に住んでいます。
数年前、旦那のご両親が高齢のため介護が必要な状態となり、施設に入所することとなりました。
実家に同居している家族もおらず、そのまま家は空き家になりました。
私も家の管理を最低限してきたのですが、駅から遠く施設からも遠かったため管理することが大変になり売却することにました。

売却にあたっては、昔の感覚で駅から遠いけど土地も広いし売却までそんなに時間がかからないだろうと安易に考えていました。
しかし、当初予想していた期間では売れず不動産屋に話を聞いたところ、物件の場所が駅から遠く不便なことが大きいのではとのことでした。
結局値段を大幅に下げてようやく売れたときには、売り出してから3年が経過していました。
今まで不動産は資産という考えでしたが、今回の実家売却を通してその考えが大きく変わりました。

不動産を売却するのはタイミングや業者選びもすごく重要だと感じました。
今はDIYやご自分でリフォームされる方が多かったり、田舎暮らしで都会から方に移り住む方も多くいらっしゃいます。
もう少し売却を待てば、このブームに乗って売却できたのかな?なんて思ってしまいます。
しかし一番実感したことは売却はすごく手間がかかって大変だったということです。
今はインターネットが普及し簡単に複数の業者に査定の依頼ができるようです。
これは便利だなと感じました。もっと早く知っていれば・・・。利用しない手はないと思います。

RE-Guide不動産一括査定を上手に活用すれば、複数の不動産業者から一括で査定が受けられるため、相場の把握はもちろん、最も高く売却額をつけた業者に依頼することができます。
出典:RE-Guide(リガイド)

話は変わって、私の母の話です。
私の母は一軒家を貸しています。
大家と言えば聞こえはとてもいいですが、実際専門的な知識がなければ管理会社にお金がかかってでも頼むべきだと私はおもいます。
最近の母親の出来事ですが、貸している方との関係性がとても悪く、当人同士の話ができないため、今では母親が管理できないので娘の姉と私でいろいろ調べながら対応しています。

先日は、借主が離婚したので名義変更をしたいとのことで、専門的な知識はありませんが、調べたところ賃貸に関して名義変更はなく、また一からの契約が一般的とありました。
しかし、またそれも複雑な内容が沢山ありすぎて、素人の私には調べても限界があると感じました。
不動産にお願いするともちろんお金がかかります。

ですが、私はお金がかかってでも専門的な知識のあるプロにお願いするほうが、長い目でみても自分の為だとおもいます。
また、家賃滞納にも母親が困っていました。
借主に連絡はとれず、借主と家主の信頼関係が全くできていないと、連絡すら取れません。
なおさら、不動産にお願いするべきだとおもいました。
もしマンション経営、アパート経営をされていてご自身で管理されている方。
知識があるかたは良いかと思いますが、曖昧な方などはぜひ、お金がかかってしまっても不動産業者に管理の依頼をされるべきだと思います。
お金の事なので面倒な事はなるべく避けたいです。

コメントする

みなさんは不動産のイメージってどうですか?

まず、みなさんは不動産についてどういったイメージを持つでしょうか。
例えば敷金礼金無しといったところでは退去の際、高額な請求がくるといった噂も耳にします。
これは買い手としての視点で、其れだけは気をつけなさいと言われ続けました。気軽に部屋を借りれるようになって、不動産屋さんは自分に合った案件を提示してもらいそこを視察いて決めていきます。

同じ8畳間でも広さが全然異なったりキッチンの広さも違う。間取り図を見ただけでは判断しづらいのが現状です。
ですので、実際視察に行くのが良いでしょう。そうすれば自分の生活がイメージしやすくなります。
部屋を借りるにも審査が必要なので、そういったことは事前にしっかりやっといたほうがいいかもしれませんね。

よく、CMとかで見る不動産屋さんなら安心だと思いますが、全く知らなところだと高額な請求が来たりするかもしれませんのでそこでイメージが悪くなってもよくないので、安心できるところに依頼したほうが良いですね。
しっかりとした条件を決めたうえで行った方が話はスムーズに進むと思いますし、良い部屋が見つかるかもしれませんね。

コメントする

戸建を購入した体験談

以前賃貸マンションに住んでいましたが、1ヶ月分の賃貸の家賃と戸建の家賃は、そんなに変わらないと知り、賃貸だと家賃が無駄になるので、戸建を購入する事にしました。戸建購入となると、賃貸とは違って一生そこに住むので、決めるのにかなり迷いました。
まず、どこに住むかを考えるのも大変でした。子供もいるので

静かな所に住みたかったので、不動産に行き、物件を探してもらいました。
間取りや立地や家の外壁等なかなか気に入った物件がなくて、探し回っていると、気にいった物件がありそこに決めました。
家の間取り、外壁等自分達で決める事が出来たので、考えるのがとても楽しかったです。

間取り図を書いたり、ドアのデザイン、キッチン、お風呂、トイレ、壁のクロス等全て自分達で決めました。デザインも、沢山あるので、かなり迷いました。
建売を購入するより、自分達で家を考えて建てる方がかなり大変ですが、夢が膨らむし、自分の好きな家に住めるので良かったです。

コメントする

大きな買い物の決めては

今住んでいる家を購入した際、その前にいろんな不動産屋の方と会う機会がありました。
本気で家の購入を考えていた時期だったので、建売住宅や新築の注文住宅、中古住宅といろいろ見て行きました。

注文住宅を考えた際に、ある住宅メーカーの方に電話したことがあります。
以前にその会社の家を実際に見たこともあり、すごく気に入ってしまい、再度電話を入れたところ、予算などを伝えた所、急に声色が変わり全く相手にされずに、カタログなども送ってもらえず、電話を切られてしまったことがあります。

電話をする前に、この予算でもある程度融通が利くのかもと期待して電話をしたのですが、実際は逆の対応をされてしまい、がっかりしたことがあります。
結局、その後にインターネットを使い自分で情報を探して、大手の不動産やの仲介で中古住宅の購入を決めたのですが、購入金額は新築も買える価格での購入になりました。

最終的に中古住宅を購入することになりました。
仲介業者の方の対応など家自体も満足はしているので、返って結果的には良かったのかなと思うのですが、あの時の電話の対応次第では注文住宅の選択肢もあったかもしれないと思うと、営業の人の対応の仕方はすごく重要なことだと思いました。

コメントする

引っ越し好きの日々賃貸暮らし

昔、私は引越しが好きでした。大阪に3年住んでいたと思います。
大阪でも既に3回も引っ越しをして、成人してから10回以上引っ越しを経験しました。
ただしそれは単純に引っ越しが大好きなだけで、隣人や環境に問題があったわけではありません。
むしろ毎回、隣人や環境には相当恵まれていたと思います。

そんな私がたどり着いた住まい選びのポイントは「直感」です。
休日に車や電車でいろんな街を訪れて、駅前の雰囲気を感じ、そこで住みたいかどうかを判断します。
間取り、方角、駅からの距離などは、まず最初に住みたい街かどうかを決めてから付いてくるオプション的なものです。

しかし世の中には、家賃がもったないということで分譲マンション購入を勧めてくる人たちもいます。
私にとっての分譲マンションは、自分を固定するものだと思っています。
風のようにさらさらと生きていたい私にとっては、賃貸生活こそがお似合いだと思っていました。
今は結婚し、戸建てに住んでいますが自由に気ままに好きな街を転々としていた頃が懐かしいなと。
ふと感じるこの頃です。